BLOG

2015.11.26
サイトをメンテナンス&微リニューアルしました

本日、サイトをメンテナンスいたしました。
これに伴い「リペイント」の受付を廃止いたしました。
今後はガレージキット彩色と3Dプリンタ出力品の二本柱にて業務を行います。

また、ギャラリーはキャラクターガレージキットのみとなりましたが、暇を見つけてプラモデル過去作等も追加したいと思います。
ツイッター上で公開していましたTipsページもブログ記事へと移動しました。今後もガレージキット製作ネタ等のTipsもブログにて公開できればと思っております。

現在スケジュールが遅れ気味でご心配をお掛けしておりますが、一刻も早く作品を皆様のお手元に届けられるよう制作しております。
今後ともよろしくお願いいたします。


2015.11.26
薄いパーツの接着・補修に「ラベルシール裏打ち」

01
例えばガレージキットのスカートパーツの分割など、接着面が薄い場合は丈夫に接着できるようにウラに素材を貼り付けて「裏打ち」を行いたいもの。ですがスカートの裏側に厚みをもたせてしまうと、干渉してパーツがハマらなくなる心配も。そんな時に使って欲しいのが「ラベルシール裏打ち」です。パーツが割れたり折れたりした時の補修にも使えるテクニックです。

続きを読む…


2015.11.26
3Dプリンター出力品磨き 実例手順

当サイトの「3Dプリンター出力品磨き」サービスの作業工程を紹介したいと思います。
現在受付している出力品は「ProJet HD3000系・HD3500系」のみを想定しております。
また、今後の研究により途中手順を細かく変更する場合がありますが最終的に求める表面クオリティは変わりません。

m_01

今回紹介に使用させていただく出力品はジルフェルデ様(@jilfelde)原型「呂500」です。
出力品は一見、綺麗な透明に見えますが…

続きを読む…


2015.11.26
おすすめ!ガレージキットの軸打ち法

みなさんガレージキットの軸打ちに難儀してませんか?ガレージキットの組み立ての基本で、やらないといけないのはわかってるけど、とにかく「合わない!」「めんどくさい!」という方が多いハズ。

このページではそんなめんどくさい軸打ち工作を驚くほど簡単に、ぴったりハマってなおかつ頑丈に組みあがる方法を紹介します。いわゆる「コロンブスの卵」的発想なので、特別な道具・環境は必要ありません。是非試してみてください。

▲ 画像のキット三体は、すべての接続部が軸の差し込みのみで固定・仮組されています。

続きを読む…


© G-MODELING.INFO